神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

神宮について About Ise Jingu

外宮(豊受大神宮)その他の見どころ・施設

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

清盛楠 きよもりぐす

表参道手水舎の向かいに立つ楠。平清盛が勅使として参向した時、冠にふれた枝を切らせたという伝承があります。
平清盛は勅使ちょくしとして三度、神宮に参向しています。

域内マップで清盛楠をみる

五丈殿 ごじょうでん 九丈殿 くじょうでん

神宮の祭典は天候に関わらず行われ、雨天の際、祓所に代わってここでは神饌しんせんなどが祓い清められます。その他にも式年遷宮のお祭りにおける饗膳の儀が行われます。

域内マップで五丈殿と九丈殿をみる

四至神

外宮神域の守り神、四至とは神域の四方を意味します。社殿や御垣はなく、榊が立つ石畳の上に祀られます。

域内マップで四至神をみる

古殿地 こでんち

正宮と同じ広さの敷地を持ち、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所。中央には「心御柱しんのみはしら」を納めお守りするための覆屋があります。「心の御柱」は正宮中央の床下の柱で、古くから神聖なものとされ大切にされています。
古殿地は次の遷宮まで静かにその時を待ちます。

域内マップで古殿地をみる

三ツ石 みついし

古殿地の南側にある三個の石を重ねた石積みで、この前では御装束神宝おんしょうぞくしんぽうや奉仕員を祓い清める式年遷宮の川原大祓かわらおおはらいが行われます。近年、手をかざす方がいますが、祭典に用いる場所なのでご遠慮ください。

域内マップで三ツ石をみる

下御井神社 しものみいのじんじゃ

外宮の所管社で、内部には井戸があります。
日別朝夕大御饌祭ひごとあさゆうおおみけさいを始め、お祭りにお供えする御水をいただく上御井神社かみのみいのじんじゃで不都合があった場合は、下御井神社でいただいた御水をお供えします。
尚、上御井神社へ立ち入り参拝することはできません。

域内マップで下御井神社をみる

忌火屋殿 いみびやでん 祓所 はらえど

日別朝夕大御饌祭を始め、神饌の調理を行う「神様の台所」。忌火いみびとは、「清浄な火」という意味で、火鑽具ひきりぐを用いて清浄な火をおこし、お供えものを調理します。
忌火屋殿の前庭は、祓所とよばれ、祭典の前に神饌と神職を祓い清めます。

域内マップで忌火屋殿と祓所をみる

御厩 みうまや

神様の乗り物とされる神馬がいる場所。神馬は、毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りします。但し、雨天時や神馬の体調によってはお参りがない場合もあります。

域内マップで御厩をみる

勅使ちょくし
天皇の命を伝える使者。現在、神宮には祈年祭きねんさい神嘗祭かんなめさい、そして新嘗祭にいなめさい差遣さけんされます。
神饌しんせん
主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の野菜など、神様へお供えされる食事です。
御装束神宝おんしょうぞくしんぽう
正殿の内外をお飾りする品々や、武具、馬具、楽器などの調度品。神宮徴古館ちょうこかんでは前回の遷宮でお下げしたものを公開しています。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ