神宮

文字サイズ
標準
大

Foreign Language

検索

神宮について About Ise Jingu

外宮(豊受大神宮)| 別宮 月夜見宮 つきよみのみや

御祭神
  • 月夜見尊つきよみのみこと
  • 月夜見尊荒御魂つきよみのみことのあらみたま

写真ギャラリー

クリックで画像を拡大表示します。

ご祭神は月夜見尊。天照大御神の弟神で内宮別宮 月読宮のご祭神と同じです。月読宮は月読尊と荒御魂をそれぞれ別の社殿にお祀りしていますが、月夜見宮は、月夜見尊と月夜見尊荒御魂を一つの社殿に合わせてお祀りしています。
月夜見宮は、外宮北御門から西へ伸びる「神路通かみじどおり」の先にあり。樹齢数百年の楠を始め、たくさんの木々に囲まれた神域は、市街地と思えない静かで穏やかな佇まいです。

御鎮座地
伊勢市宮後1-3-19
アクセス
近鉄伊勢市駅、JR伊勢市駅より徒歩10分

域内マップで月夜見宮をみる

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerダウンロードはこちら

月夜見宮の由緒と沿革

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

月夜見尊は『古事記こじき』、『日本書紀にほんしょき』よると、伊弉諾尊いざなぎのみこと伊弉冉尊いざなみのみことの二柱の御親神みおやがみが、天照大御神をお生みになられ、次に月夜見尊をお生みになられ夜之食国をお治めになるようにご委任になられたと記されています。

また、『日本書紀』には、天照大御神のご神徳は「その光華明彩、六合くにの内に照り徹るほどである」とあり、太陽にたとえられていますが、月夜見尊のご神徳はそれに次ぐものとして月になぞらえたと考えられます。

月夜見宮は、繁華街のある伊勢市の中心に鎮座しますが、古くは高河原たかがわらと呼ばれ川の流れと農耕に深いつながりのあるお社です。『延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき』には「月夜見社」とあり、外宮の摂社せっしゃの首位に列せられておりましたが、鎌倉時代のはじめ、第83代土御門つちみかど天皇の承元4年(1210)に、別宮に昇格されました。

外宮北御門から月夜見宮に真っすぐ伸びる道は、地元の人々に「神路通り」と呼ばれ親しまれています。この道は神様が通う道とされ、真中を歩くことなどを遠慮する習慣があります。

  • 月次祭由貴大御饌

高河原神社 たかがわらじんじゃ

月夜見宮の右奥に鎮座する外宮の摂社。宮川の河岸段丘上の高河原であるこの辺りの守護神をお祀りします。

授与品の紹介

  • 剣 祓
  • 守 祓

授与品、御朱印は宿衛屋でおたずねください。

  • 宿衛屋

延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき
平安時代中期に編纂へんさんされた古代法典。巻四には神宮のことが記されています。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ