神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

神宮について About Ise Jingu

内宮(皇大神宮)| 別宮 荒祭宮 あらまつりのみや

御祭神
天照大御神荒御魂あまてらすおおみかみのあらみたま

写真ギャラリー

クリックで画像を拡大表示します。

荒祭宮は、内宮に所属する十別宮のうち、第一に位しています。殿舎の規模も他の別宮よりも大きく、正宮に次ぐ大きさです。ご祭神は、天照大御神の荒御魂あらみたま。神様の御魂のおだやかな働きを、「和御魂にぎみたま」と申し上げるのに対して、荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働きを、「荒御魂」とたたえます。

御鎮座地
荒祭宮は御稲御倉みしねのみくら外幣殿げへいでんを越えて、石段を下りると正宮の北方、やや小高い所に鎮座しています。

域内マップで荒祭宮をみる

荒祭宮の由緒と沿革

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

延暦23年(804)撰進の『皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう』に、「荒祭宮一院 大神宮の北にあり、相去ること二十四丈 大神宮の荒御魂宮と称す」とあり、延長5年(927)成立の『延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき』に「荒祭宮一座 大神の荒魂」とも見えます。

お祭りにつきましては、正宮に準じる第一別宮として特別丁重に行われます。
祈年祭きねんさい神嘗祭かんなめさい新嘗祭にいなめさい奉幣ほうへいの儀も、正宮につづき勅使ちょくしが参向して幣帛へいはくが奉られます。又、神饌しんせんの種類や数量も正宮とほとんど同じものがお供えされます。

大祭中の大祭、式年遷宮も、古くから正宮に準じて執り行われています。応仁の乱のころ、長く中絶の止むなきに至った時代もありましたが、寛永8年(1631)には再び式年御造替の制が復興され現在に至っています。また、古くからの大祭、神御衣祭が行われるのは、皇大神宮と荒祭宮のみであることからも、この宮の特別な神位がうかがわれます。

  • 神嘗祭奉幣の儀 勅使が参向されて幣帛が奉られます

  • 平成25年10月に斎行された遷御の儀

皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう
延暦23年(804)宮司大中臣真継おおなかとみのさねつぐらが神祇官じんぎかんに提出した上申文書。祭儀、鎮座の由来などについて記した重要な神宮資料です。
延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき
平安時代中期に編纂へんさんされた古代法典。巻四には神宮のことが記されています。
勅使ちょくし
天皇の命を伝える使者。現在、神宮には祈年祭きねんさい神嘗祭かんなめさい、そして新嘗祭にいなめさい差遣さけんされます。
幣帛へいはく
神々への捧げものの総称です。神宮では五色(青・黄・赤・白・黒)の絹の反物たんものなどがお供えされます。
神饌しんせん
主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の野菜など、神様へお供えされる食事です。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ