神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

神宮について About Ise Jingu

内宮(皇大神宮)| 内宮神楽殿 ないくうかぐらでん

写真ギャラリー

クリックで画像を拡大表示します。

宇治橋から正宮に至る参道の中間地点、左側にある銅板葺、入母屋造の建物が、内宮神楽殿です。向かって左側からお神札ふだ授与所じゅよじょ、ご祈祷受付、御饌殿みけでん、神楽殿となっています。
お神札授与所では、お神札、お守りを始め神棚等の授与を、ご祈祷受付では御神楽おかぐら、御饌などのご祈祷のご奉仕や次期式年遷宮に向けた御造営資金の奉納を承っています。
また、参拝記念の御朱印もここでいただけます。

域内マップで内宮神楽殿をみる

授与品
お神札(神宮大麻)・お守りについて詳しくはこちらをご覧ください。

授与品はこちら

ご祈祷
ご祈祷の受付時間・お申し込み方法などはこちらでご案内しています。

ご祈祷のご案内はこちら

大々神楽

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

大々神楽だいだいかぐらの「神楽」とは、神遊びともいって、わが国の上古から神事に用いられてきた歌舞です。神宮では、大御神の広大な御神徳に感謝をささげるために神楽を奏し、皇室の弥栄、国家の平安、家内安全、心願成就などの御祈祷を行っています。

江戸時代、国民の6人に1人が神宮にお参りしたという「お蔭参り」。『伊勢音頭』には「伊勢へ行きたい 伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」とあります。このお蔭参りで人々の一番の憧れは、伊勢で「大々神楽」を奉納することでした。

現在もこの伝統に基づき、参拝者の祈りを大御神にお取り次ぎしています。

内宮神楽殿で奉納される大々御神楽の人長舞

御神楽の歴史

古来、神宮では私幣禁断しへいきんだんといって、天皇以外が神宮に幣物へいもつを捧げることは禁じられていました。しかし、平安時代末から鎌倉時代初頭になると、神宮にお供えや祈願をしたいとの願いから、離宮院りきゅういん河原殿かわらどのにおいて臨時祭が行われました。臨時祭りんじさいは、神宮の神前で行われる公のお祭りではなく、私的な祈願を請け負って不定期に行われ、神楽も合わせて奏行されたことから、現在の御神楽の始まりと考えられます。

鎌倉時代、離宮院が廃絶になるのと前後して、御師おんしと呼ばれる神主が、自宅に神楽殿を構えて祈祷し、また、諸国を巡り御神札や伊勢暦などを配り伊勢信仰を広めていきます。室町時代を経て江戸時代になると、御師の組織は大きな発展を遂げ、二千人を超える御師が活躍したといわれます。御師は多くの参拝者を受け入れ、その邸宅に宿泊させて両宮を案内し、御神楽を行っていました。

伊勢大々御神楽之図

私幣禁断しへいきんだん
天皇以外の個人的なお供えを禁止したこと。三后や皇太子がお供えする場合も天皇の許可を要しました。
離宮院りきゅういん
斎宮さいくうの離宮。現在の伊勢市小俣町のJR宮川駅の近くにありました。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ