神宮

文字サイズ
標準
大

Foreign Language

検索

神宮について About Ise Jingu

内宮(皇大神宮)| 別宮 月読宮 つきよみのみや

御祭神
  • 月読宮つきよみのみや 月読尊つきよみのみこと
  • 月読荒御魂宮つきよみあらみたまのみや 月読尊荒御魂つきよみのみことのあらみたま
  • 伊佐奈岐宮いざなぎのみや 伊弉諾尊いざなぎのみこと
  • 伊佐奈弥宮いざなみのみや 伊弉冉尊いざなみのみこと

写真右から月読荒御魂宮②月読宮①伊佐奈岐宮③伊佐奈弥宮④

写真ギャラリー

クリックで画像を拡大表示します。

ご祭神は月読尊。天照大御神の弟神で外宮別宮 月夜見宮のご祭神と同じです。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。
右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④の四別宮が並んで鎮座し、①から④の順にお参りされるのが一般的です。

御鎮座地
伊勢市中村町742-1
アクセス
近鉄五十鈴川駅より徒歩10分

域内マップで月読宮をみる

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerダウンロードはこちら

月読宮の由緒と沿革

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

月読尊は『古事記』、『日本書紀』よると、伊弉諾尊、伊弉冉尊の二柱の御親神みおやがみが、天照大御神をお生みになられ、次に月読尊をお生みになられ夜之食国よるのおすくにをお治めになるようにご委任になられたと記されています。

内宮の荒祭宮に天照大御神の荒御魂あらみたまがまつられ、外宮の多賀宮に豊受大御神の荒御魂が祀られているように、月読宮に並んで、月読尊荒御魂が祀られています。荒御魂とは、神様の御魂のおだやかな働きを「和御魂にぎみたま」と申し上げるのに対して、格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働きを「荒御魂」とたたえます。

伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮にお祀りする伊弉諾尊、伊弉冉尊は、日本の国土及び山川草木をお生みになられた後、天照大御神をお生みになり、つづいて月読尊をお生みになられた二柱の御親神です。

月読宮以下四別宮は、『皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう』に「月読宮一院、正殿四区」と記され、一囲いの瑞垣みずがき内に祀られていました。すなわち四宮あわせて月讀宮と呼ばれており、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮に宮号が宣下されたのは、第56代清和せいわ天皇の貞観9年(867)8月のことです。 第60代醍醐だいご天皇の延長5年(927)に、古代の法律体系である『延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき』が上奏されました。これによりますと、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮が瑞垣をめぐらした一院をなし、月読宮、月読荒御魂宮が一院を形成していました。現在のように、四宮それぞれが瑞垣をめぐらしたお姿になったのは、明治6年からです。

  • 月次祭奉幣の儀 参進の後 幣帛が奉られます

夜之食国よるのおすくに
夜の世界。『古事記』では、天照大御神は高天原たかまのはら須佐之男命すさのおのみこと海原うなばらを治めるように委任されました。
皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう
延暦23年(804)宮司大中臣真継おおなかとみのさねつぐらが神祇官じんぎかんに提出した上申文書。祭儀、鎮座の由来などについて記した重要な神宮資料です。
瑞垣みずがき
神社の周囲に設けた垣根。正宮は瑞垣みずがき内玉垣うちたまがき外玉垣とのたまがき板垣いたがきの四重の垣根に囲まれます。
延喜太神宮式えんぎだいじんぐうしき
平安時代中期に編纂へんさんされた古代法典。巻四には神宮のことが記されています。

閉じる

葭原神社 あしはらじんじゃ

月読宮の域内、裏参道の入口近くにひっそりと鎮座する内宮の末社。田や畑を守護する五穀豊穣の神をお祀りする。

授与品の紹介

  • 剣 祓
  • 守 祓

授与品、御朱印は宿衛屋でおたずねください。

  • 宿衛屋

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ