伊勢神宮はどんなところですか?
内宮と外宮はどんなところ?
なぜ伊勢にあるのですか?
なぜ内宮と外宮と呼ぶのですか?
外宮から先にお参りするのはなぜ?
内宮と外宮の社殿の違い
摂社・末社・所管社の違い
お参りした歴史上の人物
職員は何人いますか?
また公務員なのですか?
参拝中の「ギモン」と「ふしぎ」!?
なぜ内宮は右側通行、外宮は左側通行
宇治橋の上流にある柱は?
なぜ注連縄はないのですか?
参道にある太い木の樹齢
なぜ参道の杉には竹の皮が
巻いてある
のですか?
お参りするところにある白い布は?
お参りする場所に敷かれている白い石は?
なぜお参りする場所で写真を撮っては
いけない
のですか?
お神札(ふだ)とお守りの“なぜ”?
内宮と外宮のお神札・お守りの違い
お神札やお守りの数え方
初穂料ってなんですか?
お正月にお神札やお守りを
新しくし替える
のは?
複数の神社のお守りは持つと
神さまはケンカしますか?
なぜ「おみくじ」はないのですか?
お神札に書かれている「宮」
普通の字と違いませんか?
伊勢神宮のお祭りについて教えてください
どのようなお祭りがありますか?
神嘗祭のこと
毎日行われるお祭りは?
お供え物はどのように
用意
するのですか?
式年遷宮とは?
なぜ20年ごとに行うのですか?
神職さんの着物のこと

お神札(ふだ)とお守りの“なぜ”?

教えて oise-san 1内宮ないくう外宮げくう
お神札・お守りに
違いはありますか?

内宮は天照大御神あまてらすおおみかみさま、外宮は豊受大御神とようけのおおみかみさまのご神徳を頂いていることが違います。
天照大御神さまが本来のお力を発揮されるためには、御饌都神みけつかみである豊受大御神さまのお力が必要です。お守りも是非内宮と外宮を合わせてお持ちください。

手前は内宮の開運鈴守、奥は外宮の御守です。

お神札・お守りについて詳しくは
授与品(お神札・お守り)をご覧ください

教えて oise-san 2お神札やお守りの数え方を教えてください。

お神札やお守りは、「1体、2体」というように「たい」という単位で数えます。これは一般的な数え方ではなく、神さまを敬った数え方です。お神札やお守りは、神さまの御神徳が宿る大切な物ですので、「1つ、2つ」とは数えないようにお願いします。
尚、神さまは「」もしくは「はしら」、神棚は「」という単位で数えます。

お神札は神棚に納めておまつりして、ご家庭の一年の無事と幸せを祈りましょう。

お神札のまつり方について詳しくは
お神札の祀り方をご覧ください

教えて oise-san 3初穂料はつほりょうってなんですか?

初穂料は、「神さまに奉納するお金」のことをいいます。初穂とは、その年に初めて収穫されたお米を意味します。古くから初穂を最初に神さまにお供えし、豊かな稔りに感謝を捧げていました。これに因んで、お神札やお守りをいただく際に神さまに奉納するお金を初穂料と呼びます。

ご祈祷の初穂料について詳しくは
ご祈祷のご案内をご覧ください

教えて oise-san 4毎年お正月にお神札ふだやお守りを
新しくし替えるのはなぜですか?

1年の区切りにあたるお正月は、古くから身の回りの物などを全て新しくするならわしがあります。その中でもお神札やお守りは特に大切にされてきました。新しい年も幸せであるようにお祈りし、お正月には新たなお神札やお守りを通じて、神さまのおかげとご神徳をいただきましょう。
尚、古いお神札は感謝を込めて神社にお返し下さい。

お正月には鳥居からの朝日を望む早朝参拝もおすすめです。

古札納所について詳しくは
よくあるご質問をご覧ください

教えて oise-san 5複数の神社の
お守りを持つと
神さまはケンカしますか?

「お守りをたくさん持つと大切にしない」との古くからの言い伝えに、尾ひれが付いて「神さまがケンカする」という俗説が生まれたと思われます。複数のお守りを持つことはそれぞれの神さまからご加護いただく意味があり、神さまがケンカをすることは決してありませんのでご安心ください。

写真は外宮神楽殿の授与所です。

授与所と授与時間について詳しくは
授与品(お神札・お守り)をご覧ください

教えて oise-san 6なぜ「おみくじ」はないのですか?

伊勢神宮には昔から「おみくじ」はありませんでした。おみくじは日ごろからお参りできる身近な神社で引くものでした。また、「一生に一度」とあこがれたお伊勢参りは、大吉でないわけがありません。その為、おみくじも引く必要がなかったと考えられます。

歌川広重の浮世絵『伊勢参宮 宮川の渡し』には多くの人々が伊勢を目指す様子が描かれています。

お伊勢参りについて詳しくは
神宮の歴史・文化をご覧ください

教えて oise-san 7お神札に書かれている
「宮」の字が普通の字と
違いませんか?

お神札の「宮」の字は、「呂」の間に「ノ」のない字を使っています。この文字はとても古い書体で、平安時代の古文書や江戸時代頃のお神札にもこの文字が使われています。現在でもそのため、「ノ」のない「宮」の字を使用しています。

神宮のお神札について詳しくは
神宮大麻と神宮暦をご覧ください