伊勢神宮はどんなところですか?
内宮と外宮はどんなところ?
なぜ伊勢にあるのですか?
なぜ内宮と外宮と呼ぶのですか?
外宮から先にお参りするのはなぜ?
内宮と外宮の社殿の違い
摂社・末社・所管社の違い
お参りした歴史上の人物
職員は何人いますか?
また公務員なのですか?
参拝中の「ギモン」と「ふしぎ」!?
なぜ内宮は右側通行、外宮は左側通行
宇治橋の上流にある柱は?
なぜ注連縄はないのですか?
参道にある太い木の樹齢
なぜ参道の杉には竹の皮が
巻いてある
のですか?
お参りするところにある白い布は?
お参りする場所に敷かれている白い石は?
なぜお参りする場所で写真を撮っては
いけない
のですか?
お神札(ふだ)とお守りの“なぜ”?
内宮と外宮のお神札・お守りの違い
お神札やお守りの数え方
初穂料ってなんですか?
お正月にお神札やお守りを
新しくし替える
のは?
複数の神社のお守りは持つと
神さまはケンカしますか?
なぜ「おみくじ」はないのですか?
お神札に書かれている「宮」
普通の字と違いませんか?
伊勢神宮のお祭りについて教えてください
どのようなお祭りがありますか?
神嘗祭のこと
毎日行われるお祭りは?
お供え物はどのように
用意
するのですか?
式年遷宮とは?
なぜ20年ごとに行うのですか?
神職さんの着物のこと

伊勢神宮はどんなところですか?

教えて oise-san 1内宮ないくう外宮げくう
どんなところですか?
違いを教えてください。

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。内宮は皇室の御祖先であり、太陽にもたとえられる天照大御神あまてらすおおみかみさまをおまつりし、全国より崇敬を集めています。外宮は天照大御神さまのお食事を司り、産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみさまをおまつりしています。内宮は約2000年、外宮は約1500年の歴史があります。

写真は内宮の御正宮です。

内宮と外宮について詳しくは
神宮についてをご覧ください

教えて oise-san 2なぜ伊勢にあるのですか?

今から2000年前、天照大御神あまてらすおおみかみさまは奈良の都、皇居内でおまつりされていましたが、倭姫命やまとひめのみこと御杖代みつえしろとしてよりふさわしい場所を求め諸国を巡りました。伊勢の国に至った時に「伊勢がすばらしいので、この国にいようと思う」とお告げがあり、伊勢に鎮座しました。
『日本書紀』や『古事記』に詳しい理由は書かれていませんが、気候が穏やかで海の幸、山の幸に恵まれた場所であることが理由と考えられます。

御杖代:杖の代わりとなって神さまに仕える方

倭姫命のご巡行の記録には伊賀や桑名など14ヶ所のゆかりの地があげられています。

御鎮座の歴史について詳しくは
神宮の歴史・文化をご覧ください

教えて oise-san 3なぜ、内宮ないくう外宮げくう
呼ぶのですか?

皇大神宮こうたいじんぐうから見て、「外にあるお宮」という意味で外宮と呼ばれ、その後に内宮という呼び方がされたと考えられます。
奈良時代(8世紀前期)には、すでに外宮と呼ばれた記録もあり、その他にも内宮と外宮をあわせて「 二所大神宮にしょだいじんぐう 」と呼ぶこともありました。

外宮について詳しくは
外宮(豊受大神宮)をご覧ください

教えて oise-san 4外宮から先にお参りするのはなぜですか?

神宮のお祭りは、「外宮先祭げくうせんさい」といって、まず外宮から行われます。外宮の豊受大御神とようけのおおみかみさまは天照大御神あまてらすおおみかみさまのお食事を司る神さまですので、内宮に先だって神饌しんせんと呼ばれる神さまのお食事をお供えします。
お祭りの順序にならい、お伊勢参りは外宮から内宮の順にお参りするのがならわしです。

外宮の御饌殿(みけでん)では朝と夕の二度神さまにお食事をお供えします。

神さまのお食事について詳しくは
神宮の御料と御料地をご覧ください

教えて oise-san 5内宮ないくう外宮げくうの社殿の違いを
教えてください。

社殿のお屋根などに違いがあります。内宮は千木ちぎ内削うちそぎ、鰹木かつおぎが偶数(10本)、外宮は千木が外削ぎ、鰹木が奇数(9本)です。詳しい理由はわかりませんが、鰹木の数は、内宮より約500年後に鎮座した外宮が、内宮に遠慮して1本減らされたと考えられます。
別宮以下、社殿のあるお社も正宮にならい同様な違いがあります。

実は1本違うのです。

社殿の違いについて詳しくは
社殿の建築をご覧ください

教えて oise-san 6125社の中でも摂社せっしゃ末社まっしゃ所管社しょかんしゃ
違いを教えてください。

摂社(43社)は『延喜神名式えんぎじんみょうしき』に、末社(24社)は『皇太神宮儀式帳こうたいじんぐうぎしきちょう』や『止由気宮儀式帳とゆけぐうぎしきちょう』に記載されているお社です。そして、所管社は摂社と末社以外に正宮や別宮にゆかりのあるお社です。社殿を有するお社や、石畳の上に祀られるお社など様々な形があり、ご鎮座地も伊勢市内を中心に広域にわたります。是非これらのお社にもご参拝ください。

延喜神名式:平安時代中期にまとめられた古代法典
皇太神宮儀式帳、止由気宮儀式帳:鎮座の由来などについて記した重要な神宮資料

写真は内宮摂社の朝熊神社(あさくまじんじゃ)(右)と朝熊御前神社(あさくまみまえじんじゃ)(左)です。内宮から約6キロ離れた場所に鎮座しています。

神宮の125社について詳しくは
せんぐう館 125社をご覧ください

教えて oise-san 7伊勢神宮にお参りした
歴史上の人物を
教えてください。

平清盛、足利義満、織田信長などが挙げられます。平清盛は三度、足利義満は十一度、織田信長は一度参拝しています。
また徳川家の歴代将軍は自身で神宮に参拝することはありませんでしたが、毎年、家臣に代理参拝させ、太刀や馬などを多数奉納しました。

写真は外宮の清盛楠(きよもりぐす)です。平清盛が枝を切らせたという伝承があります。

歴史や参宮についての貴重な史料を
神宮徴古館で展示しています

教えて oise-san 8伊勢神宮の職員は何人いますか?
また公務員なのですか?

神宮の職員は約600人です。神前で奉仕する神職や雅楽ががく舞楽ぶがくの奉仕をする楽師がくし舞女ぶじょ、その他にも警備けいびを担当する衛士えし宮大工みやだいく、宮域林を守る林業作業員などがおり、それぞれの専門分野で神宮をお守りしています。
また、昭和21年1月までは公務員でしたが、現在は公務員ではありません。

私たち衛士は入口の衛士見張所など神域内の様々な場所で警備をしています。

神職の育成などについて詳しくは
文化施設その他をご覧ください