• 神宮ナビ 内宮・外宮・市内 域内マップ
  • モデルコース

神宮 Ise Jingu

神宮トップ

教えてお伊勢さん

日本人の「心のふるさと」
伊勢神宮をわかりやすくご案内

質問一覧をみる
伊勢神宮はどんなところですか?
参拝中の「ギモン」と「ふしぎ」!?
お神札(ふだ)とお守りの“なぜ”?
伊勢神宮のお祭りについて教えてください

伊勢神宮のお祭りについて教えてください

教えて oise-san 1

神宮にはどのようなお祭りがありますか?

神宮では神嘗祭かんなめさいを中心に五穀豊穣を始め、国家の隆昌と国民の幸せをお祈りするお祭りが行われています。また、外宮では毎日、午前と午後に天照大御神あまてらすおおみかみを始めとする神さまにお食事をお供えするお祭りも行われています。そのようなお祭りの数はすべて合わせると年間約1500回に及びます。

神嘗祭 奉幣(ほうへい)の様子です。
神さまへの捧げものをお運びします。

神宮のお祭りについて詳しくは
「神宮の祭典と催し」をご覧ください

教えて oise-san 2

神嘗祭かんなめさいのことを教えてください。

神嘗祭は、その年に収穫された初穂を最初に天照大御神あまてらすおおみかみさまに捧げて、その恵みに感謝する一年間で最も大切なお祭りです。午後10時頃と午前2時頃に神饌しんせんを奉る由貴大御饌ゆきのおおみけが行われ、正午には天皇陛下が遣わされた勅使ちょくし幣帛へいはくをご奉納になる奉幣ほうへいが行われます。
また神嘗祭に先立ち、伊勢市民が揃いのハッピ姿で勇ましく両宮に初穂を搬入する初穂曳はつほひきも行われ、伊勢市内は熱気にあふれます。

  • 神饌:神さまへお供えされる食事
  • 勅使:天皇の命を伝える使者
  • 幣帛:神々への捧げものの総称

写真は由貴大御饌の様子です。
大御饌とは立派な食事という意味で、
あわびなど海の幸、山の幸が捧げられます。

神嘗祭について詳しくは
「神嘗祭」をご覧ください

教えて oise-san 3

毎日行われるお祭りはありますか?

日別朝夕大御饌祭ひごとあさゆうおおみけさいというお祭りが外宮の御饌殿みけでんで毎日行われています。
日別朝夕大御饌祭は天照大御神あまてらすおおみかみを始めとする神さまにお食事をお供えするお祭りで、外宮ご鎮座より約1500年間、朝と夕の二度、春夏秋冬、晴れの日も雨の日も行われています。

神さまのお食事は火きり具で
おこした清浄な火で調理します。

日別朝夕大御饌祭について詳しくは
「日別朝夕大御饌祭」をご覧ください

教えて oise-san 4

神さまへのお供え物はどのように
用意するのですか?

神饌しんせんなどのお供え物は、お米は神田、野菜果物は御園など神宮の施設で用意しています。そのような場所を御料地ごりょうちといい、神田と御園の他にも干鯛ひだい調製所、あわび調製所、土器調製所などがあります。神宮では2000年前からの伝統を重んじ、お供え物は自給自足しています。

神饌:神さまへお供えされる食事

神田では五十鈴川(いすずがわ)の水をいただき、
お祭りにお供えされるうるち米ともち米が
清浄に育てられます。

御料地について詳しくは
「神宮の御料と御料地」をご覧ください

教えて oise-san 5

式年遷宮とはどんなお祭りですか?

式年遷宮しきねんせんぐうは20年に一度、ご社殿やご神宝など全てを新しくして、神さまに新宮へお遷りいただく神宮最大のお祭りで、式年とは定められた年限を意味します。
持統じとう天皇4年(690年)に第1回が行われ、戦国時代には一時中断がありましたが、約1300年間続けられ、平成25年10月には62回目のご遷宮が行われました。

式年遷宮について詳しくは
「式年遷宮」をご覧ください

教えて oise-san 6

なぜ20年ごとに行うのですか?

素木しらき造りの社殿や萱葺かやぶき屋根の尊厳を保つため、宮大工や神宝の調製などの伝統技術を継承するためなど、その理由はいろいろ推測されますが、なぜ20年かという定説はありません。なによりも大切なことは、20年に一度造り替えられる常に新しくみずみずしいご社殿で、永遠に変わらぬお祭りが行われることにあり、そのことにこそ大きな意味があります。

遷宮前、東と西に並ぶ新旧のご社殿です。
唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)と呼ばれる
建築様式です。

遷宮の思想について詳しくは
「遷宮について」をご覧ください

教えて oise-san 7

神職さんの着物のことを
教えてください。

神職がお祭りで着る着物を装束しょうぞくといいます。神宮では白色の装束を用い、その装束はお祭りによって異なります。神嘗祭など大きなお祭りでは「斎服さいふく」に「かんむり」、大祓や遥拝式などは「浄衣じょうえ」に「烏帽子えぼし」を用います。また足元はそれぞれ「浅沓あさくつ」と呼ばれる黒色の履物を用い、手にはしゃくを持ちます。

写真は神嘗祭の装束(左)と、
大祓の装束(右)です。

神宮の様々なお祭りについては
「年間行事」をご覧ください