• 神宮ナビ 内宮・外宮・市内 域内マップ
  • モデルコース

神宮 Ise Jingu

神宮の祭典と催しトップ

行事・催し | 神楽祭 かぐらさい

神楽祭は神宮のご神徳を宣揚し、合わせて雅楽ががくを広く一般に公開する目的を以って昭和20年代の初めより、春と秋に行っています。春の神楽祭は「昭和の日」、秋の神楽祭は「秋分の日」をはさむ三日間、内宮神苑しんえんの特設舞台で行います。
神楽祭にあわせて参集殿の奉納舞台では各種伝統芸能が奉納され、神宮茶室の庭上公開も行われます。
尚、雨天の場合、公開舞楽は参集殿能舞台にて午前のみとなります。

神楽祭 写真ギャラリー

画像タップで拡大表示します。

平成29年の予定

■春の神楽祭
 公開舞楽  4月28日(金)・29日(土・祝)・30日(日)  午前11時・午後2時
■秋の神楽祭
 公開舞楽  9月22日(金)・23日(土・祝)・24日(日)  午前11時・午後2時
尚、雨天の場合、公開舞楽は参集殿能舞台にて午前のみとなります.

振鉾 えんぶ

舞楽にあたり初めに奏されます。振鉾は古代中国の故事に由来し、左方さほう右方うほう舞人まいにんほこを振り天地を鎮め安んじて、天下泰平を言祝ぐめでたい舞楽です。鉾で天地をはらうことから舞台を祓い清める舞楽ともされます。

舞人は襲装束かさねしょうぞくで左方は赤のほうに金色の鉾、右方は緑の袍に銀色の鉾を執って舞います。

胡蝶 こちょう

平安時代中頃、宇多うだ天皇が童相撲わらべすもうをご覧になる際、藤原忠房ただふさが曲を、敦実あつみ親王が舞を作られました。左方の舞楽「迦陵頻かりょうびん」と共に、童子どうじの舞として名高い曲です。

装束は彩の様々な蝶の刺繍が施された萌黄色の袍を着け、背には極彩色の大きな蝶の羽を負い、蝶が花から花へと飛び、舞い遊ぶ情景を思わせます。

迦陵頻 かりょうびん

極楽に住んでいるという鳥、迦陵頻伽かりょうびんがの舞い遊ぶ様を現したもので、起源はインドといわれ、日本には奈良時代に伝えられたといわれます。

舞人は赤色の装束で、背には鳥の羽を背負い、桜の花を挿した天冠てんかんをつけます。手に持つ銅拍手どうびょうしの音色は迦陵頻伽の鳴き声を表現していると伝えられます。

長慶子 ちょうけいし

平安時代中期の雅楽の名手、源博雅みなもとのひろまさの作曲と伝えられます。よく整った格式の高い曲とされ、舞を伴わないものの舞楽曲に分類される特殊曲で、舞楽終了の際には、退出をもよおす退出音声まかでおんじょうとして奏されます。