神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

ご参拝・ご祈祷 Visit Ise Jingu

ご祈祷のご案内 御神楽の種別と舞

  • 御神楽おかぐら
    [倭舞]
  • 大々神楽だいだいかぐら
    [倭舞・人長舞]
  • 別大々神楽べつだいだいかぐら
    [倭舞・人長舞・舞楽1曲]
  • 特別大々神楽とくべつだいだいかぐら
    [倭舞・人長舞・舞楽2曲]

倭舞 やまとまい

倭舞は清和天皇の御代から宮中の儀式で舞われています。本来は男子4人の舞ですが、神宮では明治時代に乙女舞に改められました。
舞人は舞女が緋色ひいろ長袴ながばかまに、白い千早ちはやをつけ、紅梅をさした天冠てんかんをいただき、右手に五色の絹をつけた榊の枝を持って、楽師の歌にあわせて舞います。舞振りは優雅で歌に伴奏する和琴わごんふえ篳篥ひちりき笏拍子しゃくびょうしの調べは、単調ながらも幽玄な余韻があります。

人長舞 にんじょうまい

宮中の御神楽の中に「其駒」という曲があり、神楽人の長が舞うので「人長舞」といいます。
舞人は葦に千鳥模様を青摺にした小忌衣をつけ、手には御鏡を模した白い輪のついている榊を持ち1人で舞います。舞振りは落ちついた神々しいもので、いわれもめでたい歌舞として尊重されています。
倭舞には現代的な華やかさがあるのに対し、人長舞は上代的な幽玄さがあるといえます。

舞楽

雅楽には、日本で古来歌われてきた国風歌舞くにぶりのうたまい、5世紀から10世紀にかけて中国大陸や朝鮮半島、また林邑ベトナム天竺インドなどから渡来した外来音楽、11世紀ごろ日本の宮廷で流行した朗詠ろうえい催馬楽さいばらという3種類の歌曲があります。
国風歌舞には、神楽歌・倭舞・東遊あずまあそびなどがあり、特徴として歌に舞を伴い、和琴・笏拍子などの楽器を伴奏に用います。
外来音楽は一般に雅楽と呼ばれるもので、中国大陸から渡来したものを唐楽とうがくといい、朝鮮半島がら伝わったものを高麗楽こまがくといいます。唐楽にはしょう篳篥ひちりき龍笛りゅうてき羯鼓かっこ太鼓たいこ鉦鼓しょうこなど、高麗楽には高麗笛こまぶえ・篳篥・太鼓・鉦鼓・三ノ鼓さんのつづみなどの楽器があります。唐楽・高麗楽を伴奏とする舞を舞楽といいます。唐楽の舞は左舞さまいと呼ばれ、赤色を基調とする装束を着けて舞うのに対し、高麗楽の舞は右舞うまいといい、青色を基調とする装束で舞います。

朗詠・催馬楽は古い民謡や漢詩に、雅楽風の旋律をつけた優雅な歌曲です。
神宮で伝承している雅楽は、国風歌舞・舞楽を含め、数十種類に及び、春と秋の神楽祭では、内宮神苑の特設舞台で公開舞楽も行われます。

  • 東遊(国振歌舞)

  • 蘭陵王(左舞)

  • 胡蝶(右舞)

  • 迦陵頻(左舞)

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

  • 交通アクセス
    神宮までのアクセスを、初めての方にもわかりやすくご案内
  • 神宮について
    内宮外宮の両大神宮、神楽殿などを詳しくご紹介しています
  • 神宮の祭典と催し
    神様に感謝を捧げる数々の祭典、奉納花火などの催しをご紹介
  • よくあるご質問
    皆さまからよく寄せられるご質問にお答えしています

ページの上部へ