神宮

文字サイズ
標準
大

Foreign Language

検索

神宮について About Ise Jingu

神宮の神話

天岩戸神話

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

天照大御神の弟神である素戔嗚尊すさのおのみことは、高天原たかまのはらの大御神を訪ねました。大御神は荒々しい性格の弟にその忠誠心を問いただしたところ、素戔嗚尊は、高天原にある水田のあぜと溝を壊し、春の種まきや秋の収穫を妨げ、また大御神の神聖な御殿を汚し、さらに布を織る機屋に皮をはいだ馬をなげこむなど、乱暴の限りを尽しました。
そのため、大御神は天岩戸あまのいわとの中にこもられると、世界は光を失いさまざまな災いがおこりました。

そこで高天原の神々は相談の末、
太玉命ふとだまのみこと八咫鏡やたのかがみ八坂瓊勾玉やさかにのまがたまを榊にかけ、天児屋命あめのこやねのみことが祈りを捧げました。
そして天鈿女命あめのうずめのみことが神楽を舞うと、鶏が鳴き出し、面白い舞を見て神々がどっと笑い声をあげました。そのどよめきを聞かれた大御神は、岩戸を少しお開きになると、そのお姿が八咫鏡に写りました。鏡に写る自分の姿を貴い神だと思った天照大御神は、その姿をもっとよく見ようとした時、隠れていた手力雄命がぐっと岩戸を押し開き、世界は再び光と秩序を取り戻すことができたといいます。

これは万物に光明をもたらす太陽にも称えらえる天照大御神の偉大なご神徳をなぞらえた物語です。

『天照大御神』 伊藤龍涯

天孫降臨

天照大御神は御孫の瓊瓊杵尊ににぎのみことを降して、この葦原中国を治めさせようとされました。その際に瓊瓊杵尊は大御神から八坂瓊勾玉・八咫鏡・草薙剣くさなぎのつるぎを賜りました。これは三種の神器と称され、皇位継承のシンボルとして代々伝えられることになります。

瓊瓊杵尊は猿田彦神さるたひこのかみを先導として八百万神を従え、高天原から天の八重棚雲やえたなぐもを押し分けて九州日向の高千穂の峰に天降られたといいます。
また瓊瓊杵尊は、大御神から天上の清らかな稲を地上で作るように託されました。
日本は昔から「豊葦原瑞穂国とよあしはらのみずほくに」といわれます。これは豊かな収穫の続く、みずみずしい稲のできるすばらしい国という意味です。
また、このとき天照大御神は瓊瓊杵尊に「この国は天地と共に永遠である」との祝福のお言葉を仰せ下されました。このお言葉は「天壌無窮の神勅」といわれ、皇室と日本の限りない隆昌をことほぐ言葉として、長く国民の信念を培ってきました。これは神代の昔からつづく皇室をいただく日本国の原点を象徴する名言といえます。

『天孫降臨』 狩野探道

高天原たかまのはら
『古事記』などの日本神話で天津神あまつかみが住む天上界をさします。
八咫鏡やたのかがみ
天照大御神から皇孫こうそんに授けられた神鏡しんきょう八坂瓊勾玉やさがにのまがたま草薙剣くさなぎのつるぎをあわせて三種の神器と称し、皇位の御璽みしるしとされます。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ