神宮

文字サイズ
標準
大

Foreign Language

検索

神宮について About Ise Jingu

内宮(皇大神宮)その他の見どころ・施設

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

瀧祭神 たきまつりのかみ

五十鈴川の御手洗場の近くにあり、御垣と御門のみで社殿はなく、石畳に祀られています。五十鈴川の守り神として古くから大切に祀られ、内宮の所管社しょかんしゃながら、祭典は別宮に準じています。
伊勢では毎年8月1日(八朔はっさく)に五十鈴川で汲んだ水を瀧祭神にお供えし、家に持ち帰った後、神棚で無病息災を祈る風習があります。

域内マップで瀧祭神をみる

御酒殿 みさかどの 由貴御倉 ゆきのみくら

五丈殿の奥に鎮座する大きな建物が御酒殿、小さな建物が由貴御倉。御酒殿はお酒の神をお祀りし、古くはここで神酒を醸造していましたが、現在は三節祭さんせつさいの前に酒麹を奉納し、白酒、黒酒、醴酒、清酒の四種類の神酒を一旦お納めします。由貴とは、清浄でけがれのないという意味で、古く由貴御倉ではお供えものや果物などを納めていました。御酒殿も由貴御倉も共に内宮所管社です。

域内マップで御酒殿・由貴御倉をみる

忌火屋殿 いみびやでん 祓所 はらえど

神饌しんせんの調理を行う「神様の台所」。忌火いみびとは、「清浄な火」という意味で、火鑽具ひきりぐを用いて清浄な火をおこし、お供えものを準備します。忌火屋殿の前庭は、祓所とよばれ、祭典の前に神饌と神職を祓い清めます。

域内マップで忌火屋殿・祓所をみる

御贄調舎 みにえちょうしゃ

御贄調舎は正宮の石段の下にあります。内宮の祭典の際、御饌都神みけつかみである外宮の豊受大御神をここにお迎えし、神饌の代表としてあわびを調理する儀式が行われます。この行事は古く五十鈴川の中州で行われていました。

域内マップで御贄調舎をみる

御稲御倉 みしねのみくら

内宮の所管社のひとつです。神宮神田で収穫した御稲が奉納され、三節祭でお供えされます。建物は正宮同様に神明造で、規模は小さいものの特徴をうかがうことができます。

域内マップで御稲御倉をみる

外幣殿 げへいでん

神明造の高床式の建物。内宮は正宮御垣の外にありますが、外宮は御垣内にあります。

域内マップで外幣殿をみる

四至神 みやのめぐりのかみ

内宮神域の守り神、四至とは神域の四方を意味します。社殿や御垣はなく、石畳の上に祀られます。近年、手をかざす方がいますが、神様をお祀りする場所ですので「二拝、二拍手、一拝」の作法でお参りください。

域内マップで四至神をみる

御厩 みうまや

神様の乗り物とされる神馬がいる場所。神馬は、毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りします。尚、雨天時や神馬の体調によってはお参りがない場合もあります。

域内マップで御厩をみる

参集殿 さんしゅうでん

参拝者向けの無料休憩所です。中央には能舞台があり、能や狂言など各種行事が奉納されます。

域内マップで参集殿をみる

大山祇神社 おおやまつみじんじゃ 子安神社 こやすじんじゃ

大山祇神社は、神路山の入口の守護神である大山祇神をお祀りし、古くは山神社と呼ばれていました。子安神社は大山祇神の娘神である木華咲耶姫神このはなさくやひめのかみをお祀りし、地元の方からは、安産、子授けの神として崇敬されています。大山祇神社も子安神社も共に内宮の所管社です。

域内マップで大山祇神社・子安神社をみる

三節祭さんせつさい
神宮のもっとも重要なお祭り。6月と12月の月次祭と10月の神嘗祭とあわせて三節祭といいます。
神饌しんせん
主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の野菜など、神様へお供えされる食事です。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ