神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

神宮について About Ise Jingu

内宮(皇大神宮)| 宇治橋・五十鈴川 うじばし・いすずがわ

写真ギャラリー

クリックで画像を拡大表示します。

内宮への入口、五十鈴川にかかる宇治橋は、日常の世界から神聖な世界へ、そして人と神とを結ぶ架け橋といわれています。宇治橋の正面に立つ美しい大鳥居の姿を眺めると、すべての人々は心が洗われ、身も心も正して清浄な宮域に入る心構えの大切さを感じさせてくれます。内宮のお参りは宇治橋の前で一礼し、緑豊かな神路山かみじやま島路山しまじやまの四季の移ろいを感じながら宇治橋を渡ることから始まります。

域内マップで宇治橋・五十鈴川をみる

宇治橋

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

宇治橋は、全長101.8m、巾8.4mで、欄干の上に16個の擬宝珠ぎぼしを据えた純日本風り橋です。床板や欄干はひのきで作られていますが、橋脚の部分は水に強いけやきを使用します。

宇治橋は本来、傷みがひどい際に修繕や架け替えを行っていましたが、明治22年(1889)第56回式年遷宮から遷宮に合わせて20年毎に架け替えされるようになり、今の宇治橋は平成21年11月3日に渡始式が行われました。宇治橋の架け替えは遷宮の4年前。それは太平洋戦争後の混乱によって第59回式年遷宮が昭和28年(1953)に延期された際に、全国の崇敬者からせめて宇治橋だけでも架け替えようとの熱意によって、予定通り昭和24年に架け替えられ、以来、遷宮の4年前が恒例となっています。

宇治橋の外と内に高さ7.44mの大鳥居が立っていますが、内側の鳥居は、内宮の旧正殿の棟持柱むなもちばしらが、外側の鳥居は外宮の棟持柱が用いられます。さらに20年たつと、内側の鳥居は鈴鹿峠のふもとの「せき追分おいわけ」、外側の鳥居は桑名の「七里しちり渡しわたし」の鳥居となり、正殿の棟持柱となって以来、60年のお勤めを果たしています。

  • 平成21年11月3日に架け替えられた宇治橋

  • 宇治橋の大鳥居は旧正殿の棟持柱が再利用されます

せき追分おいわけ
現在の三重県亀山市。東海道と伊勢別街道が分かれる関宿せきしゅくは、伊勢国の入口とされていました。
七里しちりわた
現在の三重県桑名市。伊勢国いせのくにの東の玄関口として位置付けられ、天明年間に神宮の「一の鳥居」が建てられました。

閉じる

五十鈴川と御手洗場 みたらし

五十鈴川は、「御裳濯川みもすそがわ」とも呼ばれ、倭姫命やまとひめのみことが御裳のすそを濯いだことから名付けられたと伝えらえます。神路山を水源とする神路川と、島路山を源とする島路川の二つの流れが、合流して五十鈴川となります。

御手洗場の流れは清らかさの象徴。内宮参道の右手のゆるやかな斜面を下りていくと、元禄5年(1692)徳川綱吉の生母、けい昌院しょういんが寄進したといわれる石畳を敷き詰めた御手洗場が見え、ここでは手水舎と同じようにお清めができます。昔ながらに五十鈴川の澄んだ流れで身も心も清めてからお参りしましょう。

饗土橋姫神社 あえどはしひめじんじゃ

宇治橋と対面する位置に鎮座し、橋の守り神を祀ります。饗土あえどとは神様を祀る土地を意味し、饗土橋姫神社は宇治橋から悪いものが入らないようにお守りしています。宇治橋が完成した際にはこのお社でお祭りを行い、「宇治橋渡始式うじばしわたりはじめしき」が行われます。

  • 宇治橋渡始式

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

ページの上部へ