神宮

文字サイズ
標準
大

Language

検索

季節の見どころ

広い神域内に美しく咲き誇る花々、目に鮮やかな新緑や紅葉の彩り、そして宇治橋から望む日の出。神宮には春夏秋冬それぞれの季節の見どころが溢れています。

神宮の自然 Nature of Jingu
目の前に広がる豊かな自然、それは大御神の森と崇められる神宮の森。
  • 季節の見どころ
  • 自然といきもの

内宮(ないくう)

梅

見ごろ:2月中旬~3月中旬
内宮 神苑・子安神社前

梅は春にさきがけて咲くことから春告草はるつげぐさとも呼ばれます。甘い香は春の訪れを感じさせます。

桜

見ごろ:3月下旬~4月上旬
内宮 宇治橋周辺

多くの参拝者の方に春の訪れを優しく告げる桜。宇治橋周辺ではメジロの美しい鳴き声が響きます。

域内マップで宇治橋をみる

新緑

見ごろ:5月上旬~6月中旬
内宮 五十鈴川(御手洗場)

さわやかな風と川辺が心地良い新緑の季節になると、緑の鮮やかさに心が癒されます。

域内マップで御手洗場をみる

夏

常緑樹の森が緑で溢れる夏。やさしい木漏れ日のさす参道を進むと
清々しい気持ちに満ちあふれます。

涼の風景

見ごろ:7月~8月
内宮域内

緑の溢れる神域の中では、さわやかな木漏れ日など夏の暑さの中でも涼を感じる風景が広がります。

域内マップで内宮をみる

紅葉

見ごろ:11月下旬~12月上旬
内宮 五十鈴川(御手洗場)、
風日祈宮橋など

秋も深まると内宮では鮮やかな紅葉が広がり、御手洗場では色づき始めた木々たちが水面に映ります。

冬の星空

見ごろ:1月〜2月
内宮 宇治橋

日の出

見ごろ:11月下旬~1月下旬
内宮 宇治橋

冬至を中心として前後1か月、内宮宇治橋の大鳥居からは美しい日の出を望むことができます。

域内マップで宇治橋をみる

寒桜

見ごろ:1月下旬~2月上旬
内宮 子安神社前

立春の頃、寒さに耐え花を咲かせるその姿は、眺める人の心を暖かくさせてくれます。

域内マップで子安神社をみる

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

梅

桜

ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)

新緑

あじさい

花菖蒲

涼の風景

コスモス

紅葉

日の出

冬の星空

寒桜

雪景色

外宮(げくう)・文化施設その他

春

梅や桜が咲き誇る春は、神宮の森も
色彩に溢れ、1年の中でも
最も華やかな季節です。

ヒトツバタゴ

見ごろ:5月
外宮 まがたま池

まがたま池の畔に咲くヒトツバタゴは、別名「なんじゃもんじゃ」ともいい、木全体に可憐な花を咲かせます。

域内マップでまがたま池をみる

花菖蒲

見ごろ:5月下旬~6月下旬
外宮 まがたま池

初夏を迎えると14,000株の花菖蒲が美しく咲き誇り、まがたま池の畔を美しく彩ります。

域内マップでまがたま池をみる

あじさい

見ごろ:
5月下旬~6月下旬
神宮徴古館

域内マップで
神宮徴古館を
みる

秋

落葉の舞う参道、
中でも五十鈴川の水面に映る紅葉は
秋の訪れを感じさせます。

コスモス

見ごろ:8月下旬~10月中旬
神宮徴古館

柔らかな秋の日差しの中、神宮徴古館の庭園ではコスモスが一面を鮮やかに彩ります。

域内マップで神宮徴古館をみる

冬

静けさの残る早朝参拝の後、
宇治橋の大鳥居から昇る日の出は
見る人の心を感動させます。

雪景色

見ごろ:1月下旬~2月中旬
外宮 正宮

温暖な伊勢でも寒冬の場合、神域を真っ白に染める雪景色を見れる日もあります。

域内マップで外宮 正宮をみる

自然といきもの 神宮の自然