神宮

検索

第六十二回 神宮式年遷宮 写真で綴る遷宮諸祭 The 62nd Jingu Shikinen Sengu

式年遷宮は、二十年に一度、正殿を始めとする殿舎と御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)を新たに造り替え、大御神に新宮へお遷りいただくお祭りで、八年の歳月をかけ三十三のお祭りと行事を重ねて行います。

第六十二回の遷宮祭も、平成十七年の山口祭から始まり、諸々のお祭りと行事を重ねられ、その間には地元の神領民と全国から集まった特別神領民による御木曳(おきひき)行事、御白石持(おしらいしもち)行事も盛大に行われ、平成二十五年十月に無事遷御(せんぎょ)の儀を終えることができました。

ここでは遷宮諸祭を「御神木のお祭り」、「社殿建築のお祭り」、「神遷しのお祭り」の三篇に分けてその道のりを紹介し、今回の遷宮の感動を伝えます。

  • 神遷しのお祭り 御装束神宝読合~御神楽
    遷御(せんぎょ)
    奉幣(ほうへい)
  • 社殿建築のお祭り 鎮地祭~後鎮祭
    宇治橋渡始式(うじばしわたりはじめしき)
    御白石持行事(おしらいしもち)
  • 御神木のお祭り 山口祭~御木曳行事
    御杣始祭(みそまはじめさい)
    御木曳行事(おきひき)