• 神宮ナビ 内宮・外宮・市内 域内マップ
  • モデルコース

神宮 Ise Jingu

モデルコーストップ

モデルコース 外宮(豊受大神宮)のモデルコース

外宮30分コース
外宮の代表的な見どころを巡るコースです。お時間に余裕のある方は、神宮をより深く知り、神域の自然を感じていただける「外宮60分コース」も合わせて紹介しています。
※各コースにご祈祷(御饌・御神楽)の所要時間は含まれません。

1 火除橋 2 手水舎 3 せんぐう館 4 外宮神楽殿 5 古殿地 6 正宮 豊受大神宮 7 三ツ石 8 別宮 多賀宮

外宮 30分コース

外宮 60分コース

30分コース 1

火除橋(ひよけばし)

神域の入口には防火のためにつくられた掘川が流れ、火除橋がかけられています。

30分コース 2

手水舎(てみずしゃ)

参拝の前にお清めをする場所です。左手、右手の順に清めた後、口をすすぎます。

参拝の作法とマナーはこちら

30分コース 3

せんぐう館

神宮を知るきっかけになる博物館。外宮正宮の原寸大模型などを展示しています。

さらに詳しく

30分コース 4

外宮神楽殿(げくうかぐらでん)

御饌みけ御神楽おかぐらなどのご祈祷のご奉仕や、お神札ふだやお守りを授与しています。

ルートマップをみる 外宮30分コース

30分コース 5

古殿地(こでんち)

正宮と同じ広さの敷地を持ち、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所です。

30分コース 6

正宮 豊受大神宮(とようけだいじんぐう)

天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神をお祀りします。

さらに詳しく

30分コース 7

三ツ石(みついし)

御装束神宝おんしょうぞくしんぽうや奉仕員を祓い清める式年遷宮の川原大祓かわらおおはらいが行われる場所です。

30分コース 8

別宮 多賀宮(たかのみや)

豊受大御神の「荒御魂あらみたま」をお祀りします。山の頂にあるので「高宮」とも呼ばれていました。

さらに詳しく

ルートマップをみる 外宮30分コース

外宮 30分コース

外宮 60分コース

60分コース 1

火除橋(ひよけばし)

神域の入口には防火のためにつくられた掘川が流れ、火除橋がかけられています。

60分コース 2

清盛楠(きよもりぐす)

平清盛が勅使として参向した時、冠にふれた枝を切らせたという伝承がある楠。

60分コース 3

手水舎(てみずしゃ)

参拝の前にお清めをする場所です。左手、右手の順に清めた後、口をすすぎます。

参拝の作法とマナーはこちら

60分コース 4

せんぐう館

神宮を知るきっかけになる博物館。外宮正宮の原寸大模型などを展示しています。

さらに詳しく

60分コース 5

まがたま池

勾玉の形をした池。毎年6月頃には花菖蒲が美しく咲き誇ります。

60分コース 6

外宮神楽殿(げくうかぐらでん)

御饌みけ御神楽おかぐらなどのご祈祷のご奉仕や、お神札ふだやお守りを授与しています。

ルートマップをみる 外宮60分コース

60分コース 7

四至神(みやのめぐりのかみ)

外宮神域の守り神、四至とは神域の四方を意味します。社殿や御垣はなく、榊が立つ石畳の上に祀られます。

60分コース 8

五丈殿(ごじょうでん)・九丈殿(くじょうでん)

お祭りが雨天の場合、神饌しんせんなどを祓い清める場所です。式年遷宮の饗膳の儀もここで行われます。

60分コース 9

古殿地(こでんち)

正宮と同じ広さの敷地を持ち、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所です。

60分コース 10

正宮 豊受大神宮(とようけだいじんぐう)

天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神をお祀りします。

さらに詳しく

60分コース 11

三ツ石(みついし)

御装束神宝おんしょうぞくしんぽうや奉仕員を祓い清める式年遷宮の川原大祓かわらおおはらいが行われる場所です。

60分コース 12

別宮 多賀宮(たかのみや)

豊受大御神の「荒御魂あらみたま」をお祀りします。山の頂にあるので「高宮」とも呼ばれていました。

さらに詳しく

ルートマップをみる 外宮60分コース

60分コース 13

別宮 土宮(つちのみや)

地主の神である大土乃御祖神おおつちのみおやのかみをお祀りします。別宮で唯一、東向きしています。

さらに詳しく

60分コース 14

下御井神社(しものみいのじんじゃ)

内部には井戸があります。お祭りにお供えする御水をいただく上御井神社で不都合があった場合、こちらでいただきます。

60分コース 15

別宮 風宮(かぜのみや)

風雨を司る級長津彦命しなつひこのみこと級長戸辺命しなとべのみことをお祀りしています。元寇の際に神風を吹かせた神としても知られます。

さらに詳しく

60分コース 16

御厩(みうまや)

神様の乗り物とされる神馬がいる場所。神馬は、毎月1日、11日、21日に正宮にお参りします。

60分コース 17

度会国見神社(わたらいくにみじんじゃ)・大津神社(おおつじんじゃ)

度会国見神社は外宮神主家であった度会氏の祖神をお祀りし、大津神社は五十鈴川河口の守護神をお祀りします。

60分コース 18

北御門

外宮に入るもう一つの入口で、裏参道とされます。

ルートマップをみる 外宮60分コース