神宮

文字サイズ
標準
大

Foreign Language

検索

ご参拝・ご祈祷 Visit Ise Jingu

ご祈祷(御神楽・御饌)のご案内

  • 内宮神楽殿(向かって左がご祈祷受付)
  • 外宮神楽殿(向かって左がご祈祷受付)
受付時間
午前8時〜午後4時(ご奉仕は午前8時30分から)
お申し込み方法
ご祈祷は個人やご家族、また団体の方から、お申し出に応じて随時ご奉仕を承っております。事前の予約などは不要ですので、内宮神楽殿、または外宮神楽殿のご祈祷受付でお申し込みください。
尚、100名様以上の団体の場合は下記まで事前に連絡願います。
お問い合わせ先
神宮司庁  〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
電話:0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分)
お願い事の種類

神宮のご祈祷は「皇室の弥栄」「国家安泰」、「五穀豊穣」の祈願に加えて、皆様のお願い事をご神前にお届けします。神恩感謝、家内安全、身体健全、商売繁盛、事業繁栄、安産祈願、お宮参り学業成就、交通安全、厄祓い、除災招福、心願成就、病気平癒など

尚、お正月中は「新年初祈祷」として皆様の幸せをご祈願しています。

御饌と御神楽の違い

文中の青字をクリックで「用語説明」をご覧になれます。

  • 御饌(写真上)と御神楽

神宮ではご祈祷を「御饌」と「御神楽」という2つの形で、内宮と外宮の神楽殿でご奉仕しています。「御饌」はお祓い後、御神前に神饌しんせんをお供えし、祝詞のりと奏上そうじょうをもって皆様の真心とお願いごとを大御神にお届けします。この「御饌」に加えて、雅楽の調べと共に雅な舞を奉納するご祈祷が「御神楽」です。所要時間は「御饌」が約15分、「御神楽」が約25分から40分です。
「御饌」と「御神楽」は、ともに大御神への感謝と真心の表れです。ご祈祷により大御神の更なるご加護をいただき、豊かで明るい生活をお送りください。

御神楽の種別と舞についてさらに詳しく

ご祈祷の種類と初穂料

御饌

種類 初穂料 登殿人数 種別による違い
御饌みけ 5,000円以上 5名まで 御饌は初穂料によってお神札などの撤下品が異なります
大御饌おおみけ 8,000円以上 8名まで
別大御饌べつおおみけ 10,000円以上 10名まで

御神楽

種類 初穂料 登殿人数 種別による違い
御神楽おかぐら 15,000円以上 15名まで 倭舞
大々神楽だいだいかぐら 50,000円以上 50名まで 倭舞・人長舞
別大々神楽べつだいだいかぐら 100,000円以上 100名まで 倭舞・人長舞・舞楽1曲
特別大々神楽とくべつだいだいかぐら 500,000円以上 500名まで 倭舞・人長舞・舞楽2曲

御神楽の種別と舞についてさらに詳しく

登殿人数によって初穂料が変わることがあります。お申し込みの際にお尋ねください。
お神札などの撤下品は、1件のお申し込みに対して1組お下げします。

神饌しんせん
主食の米に加え、酒、海の幸、山の幸、その季節に採れる旬の野菜など、神様へお供えされる食事です。
祝詞のりと
祭典に奉仕する神職が神様に奏上そうじょうする言葉。その起源はあま岩屋いわや神話に見ることができます。

閉じる

関連ページのご案内

風光明媚な海のまち 伊勢にたたずむ神宮へぜひご参拝ください

  • 交通アクセス
    神宮までのアクセスを、初めての方にもわかりやすくご案内
  • 神宮について
    内宮外宮の両大神宮、神楽殿などを詳しくご紹介しています
  • 神宮の祭典と催し
    神様に感謝を捧げる数々の祭典、奉納花火などの催しをご紹介
  • よくあるご質問
    皆さまからよく寄せられるご質問にお答えしています

ページの上部へ